『ABCの選択』 理事長
熊坂 義裕

 北海道大学名誉教授の小林博博士は、その著書「がんの予防」
(岩波新書)でおもしろい事を書いている。

 物事の始まりは、ABCだが、人生の終わりもABCだというの
である。つまり、Aは心筋梗塞(Heart Attack)。Bは脳血管障害
(Brain)。 Cはがん(Cancer)である。現在、日本人の10人に
6人は 、このABCのお世話になって死ぬ。いずれも生活習慣病で
ある。

 では、いずれお世話になるとしたら、ABCのどれがよいだろう
か。人によってさまざまなのは当然だが、Aが良いと言う人は多い
ようだ。あまり苦しまずにあっという間に死ねるからというのが主
な理由だが、残されたものは、その日から途方に暮れてしまうし、
第一本人も身内に「ありがとう」の一言もいえない別れは、さぞ心
残りに違いない。

 ではBはどうだろうか。あっという間にこの世を去る場合もある
が、寝たきりになったり、ボケる事も多い。ボケは本人は自覚がな
いからよいとしても、介護を続ける家族の苦労は大変だ。Aに比べ
て人気がないのもうなずける。

AもBもいやだとしたら残りはCである。しかし、Cを希望する人
は極端に少ない。最期まで苦痛を伴うというのが、その主な理由だ。
もっとも、最近はモルヒネの使い方が進歩し、かなり楽に死ねるよ
うになったが、必ず死ぬと告知を受けてからの精神的な苦痛は大変
なものだ。逆に「ありがとう」「さようなら」の言葉をこころおき
なく残してこの世を去ることができる。

 いずれにしても、希望通りにいかないのが人生の常だ。AかBか
Cかは、その時になってみないと誰にもわからない。願わくは、天
寿を全うしてから死にたいものだが、天寿も人によってまちまちで
あり、これもよくわからない言葉だ。どこかの市でGNP二乗運動
なるものをやっているらしいが、元気で長生きをして、最期までプ
ライドを持って生きたいものだ。