ウェブ アニメータ
ウェブ アニメータ
事業の紹介

岩手の秋さけは、各河川のふ化場によって、稚魚が育てられ
春に放流すると、約4〜5年で回帰します。
回帰した
さけは、岩手県内の定置網で主に捕獲され、水揚金
から賦課金というかたちで、県内魚市場で天引きされ、当協会
に振り込まれます。

賦課金は、各ふ化場の稚魚を育てる大切な資金となって
います。
もし、
ふ化場さけの稚魚をつくらなれば、岩手にさけ
今の数パーセントしか戻ってこないでしょう。
岩手の定置網は、
さけがなければ、経営がなりたちません。
また、各漁業協同組合では、自営定置を経営しているところが
多く、経営の要とも

なっています。

岩手の“秋さけ”を支える仲立ちとなっているのが、
岩手の“秋さけ”を支える仲立ちとなっているのが、

秋さけには、DHAEPAを始めとする、人間の体
には、
欠かせない栄養素たっぷり含まれており、
これを国民に供給する役割を担っています。
秋さけは、稚魚は人工で育てますが、放流後は、
北太平洋、べーリング海、アラスカ海の豊富な
自然の餌を食べて戻ってきたものが捕獲され、
皆さんの食卓に届きます。まさに
“安全”“安心”
できる食材供給の一躍を担っています。

岩手の“秋さけ”を支える仲立ちとなっているのが、
さらに…
健康な体づくりにいいことづくめの“秋さけ”