家庭で秋さけを食べよう

 サケはその部位ごとにいろいろな栄養素が含まれているため、頭や内臓、そして皮、中骨にいたるまで広く料理に用いられ、捨てるところがない魚といわれます。
 岩手県の沿岸地方には、そのサケの部位ごとの特徴をうまく生かした料理法がたくさんあります。 
 さけを丸ごと1尾買える機会があったら、是非、頭からしっぽまで使ったいろいろな料理にチャレンジしてみてください。


 鮭のおろし方

(1)頭部を左側にしてまな板にのせ、胸びれの下から包丁を入れ、中骨にあたるまで切り込みを入れる。

(2)裏に返し、(1)と同様にして切りこみを入れ、中骨にあたったら力を加えて一気に頭を落とす。

(3)慣れないうちは身を大きく2〜3に切り、それぞれを三枚におろすとよい。

(4)腹から尾にかけての部分は包丁を入れて切り開く。

(5)背側からも包丁を入れ、さらに切り口の中央から中骨に添って包丁を動かして上身を切り離す。

(6)腹部は背側から包丁をあてて中骨まで切り離し、包丁の角度をやや上向きにして腹部をはずす。

 


(1)イクラの作り方(サケ1尾分)
(2)新巻の作り方
(3)まるごと食べよう!秋さけ! 〜サケ部位別の料理〜(原材料はすべて4人分)

岩手県秋さけ消費拡大推進協議会事務局
〒020-8691 盛岡市内丸16-1 岩手県漁業協同組合連合会 販売課内
TEL.019-626-8080 FAX.019-654-7011