サケを食べて丈夫な体をつくろう

サケの栄養とそのはたらき

 サケは日本人に昔から食べられている魚の1つで、数千年前の縄文時代の遺跡からもサケの骨が出土します。サケは人の筋肉や血のもととなるタンパク源を豊富に含むほか、元気を保つのに役立つ成分をたくさん含んでいます。
 「鮭」という漢字は魚へんに十一十一と書くことから、11月11日を「鮭の日」としており、平成8年度から11月11日を中心に県内全域の学校給食メニューに秋さけを取り入れていただいています。
 これを機会に、ちょっとサケの栄養について勉強してみましょう。


[1]タンパク質
 筋肉や血などをつくる栄養素です。
 タンパク質は、体の中で約20種類のアミノ酸に変わります。サケのタンパク質には、自分の体で作ることのできないアミノ酸(必須アミノ酸といいます。)をバランス良く、しかも多量に含んでいるため質のよいタンパク質といえます。


[2]ミネラル(カルシウム)
 ミネラルは、体の調子を整えてくれる栄養素です。
 さまざまなミネラルのうち、サケは肉類(牛、豚、にわとり)に比べてカルシウムを多く含んでいます。カルシウムは、体に含まれるミネラルの中で一番多く、特に育ち盛りの子供にとっては骨や歯の原料になる大切な栄養素です。

[3]ビタミン類
 ミネラルと同じく、ビタミン類も体の調子を整えてくれる栄養素です。
 ビタミン類はわずかな量で、みなさんの体の中でとても大切な働きをします。
 ビタミン類のうち、サケは肉類(牛、豚、にわとり)に比べて、ビタミンD、E、B12や葉酸が多いのが特徴です。
 ビタミンDは、体へのカルシウムの吸収を助けてくれる働きがありますので、カルシウムとビタミンDを豊富に含むサケは、栄養的にもとてもバランスのよい食材といえます。このほか、ビタミンEは若さを保つ働きをし、ビタミンB12は肝臓の働きを助け、葉酸は心の健康を保つ働きがあります。
 また、イクラ(サケの卵)やめふん(サケの腎臓)には、ビタミンAとビタミンB2も多く含まれています。
 ビタミンAは成長の促進や目の健康を保ち、ビタミンB2は目や皮膚の健康を保つのに役立ちます。

[4]その他の栄養素
(1)EPA(エイコサペンタエン酸)
 コレステロールを下げたり、血をサラサラにして血管を流れやすいようにする働きがあります。運動不足で太り気味の子には欠かせない栄養素です。ハラス(サケの腹の部分の肉)やイクラなど、脂質が多い部位に含まれます。

(2)DHA(ドコサヘキサエン酸)
 脳細胞を活性化させて、学習能力を向上させます。EPAと同じく、脂質の多い部位に含まれています。

(3)コンドロイチン硫酸

 みずみずしい肌を保ったり、関節が滑らかに動くための手助けをします。
 サケの氷頭(頭の軟骨)に多く含まれています。

(4)コラーゲン
 タンパク質の仲間で、体をつくる細胞をおたがいにくっつける接着剤のような役目をしています。サケの皮に多く含まれています。

表 サケと肉類(もも肉)の栄養成分比較

岩手県秋さけ消費拡大推進協議会事務局
〒020-8691 盛岡市内丸16-1 岩手県漁業協同組合連合会 販売課内
TEL.019-626-8080 FAX.019-654-7011