社団法人 岩手県さけ・ます増殖協会
社団法人 岩手県さけ・ます増殖協会
社団法人 岩手県さけ・ます増殖協会
サケ稚魚放流情報

一般社団法人 岩手県さけ・ます増殖協会

27年度事業報告

東北区水産研究所発
 27年度 H27.09.30
 27年度 H27.10.31

岩手県水産技術センター発
 27年度 H27.11.16
 
27年度 H27.12.17
 27年度 H28.01.06

 26年度 H26.11.18
 26年度 H26.12.15
 26年度 H27.01.08

定置さけ漁獲日報

 

前期
(9/1〜11/10)

中期
(11/1112/10)

後期
(12/11〜1/31)

海産親魚使用

85%未満

90%未満

95%未満

垣網短縮

65%未満

80%未満

90%未満

※計画採卵数に対する種卵確保実績で計画達成率を算出。

岩手の自然を大切にし、
山からの豊かな清水の
めぐみを受けて、
岩手の水産の代表とも言える
“秋さけ”のふ化放流を支えます。
北太平洋の恩恵を
たっぷり受けたさけは、
ふるさとの川に戻り、
岩手の漁業を支えます。

お知らせ

 サケの稚魚は2月から5月にかけて放流します。
 平成23年3月11日の東日本大震災当時はまだ稚魚が放流サイズまで成長しないものが多かったのです。
 27年度はこの稚魚が5年魚として回帰した年です。
 また、23年秋回帰のサケは、北洋にいたはずの親魚であり、定置網も津波の被害を受けて建て込めないために、大量に川にそ上するだろうと心配しましたが、採卵にやっと間に合う程度の回帰でした。
 この年の秋に採卵した稚魚が4年魚で回帰した年です。
 27年度の秋サケは最も少なかった23年度よりはいいものの、震災の影響を一番受けた年度となりました。
 鈴木俊一先生が会長である「自民党さけます増殖推進議員連盟」のお陰もあり、定置網漁業者の協力のもと、海産親魚からの採卵によって、採卵計画の95%を確保できました。4、5年後に影響を残さないように、関係各位のご努力とご協力に感謝いたします。
 詳細は27年度事業報告に記載してありますのでご覧下さい。
(事業の紹介へ) 
  (更新 H28.6.27 )

地図

  〒020-0023  岩手県盛岡市内丸16-1
  TEL 019-654-8587 FAX 019-652-0165
  mail  kawa-sake@echna.ne.jp
(川崎)
    sega-sake@echna.ne.jp (瀬川)
     sato-sake@echna.ne.jp (佐藤)

社団法人 岩手県さけ・ます増殖協会

No.1 (H28.2.16発)
No.2 (H28.3.4発)

No.3 (H28.3.17発)
No.4(H28.3.30発)
No.5(H28.4.19発)
No.6 (H28.4.27発)
No.7 (H28.5.19発)

ふ化場
協会の紹介
事業の紹介
関係資料集
会員報告様式集
LINK
秋サケ回帰情報
捕獲採卵速報
美しいみどり、
美しいみどり、
美しいみどり、