社団法人 岩手県さけ・ます増殖協会
社団法人 岩手県さけ・ます増殖協会
社団法人 岩手県さけ・ます増殖協会
サケ稚魚放流情報

一般社団法人 岩手県さけ・ます増殖協会

東北区水産研究所発
 27年度 H27.09.30
 27年度 H27.10.31

岩手県水産技術センター発
 27年度 H27.11.16
 
27年度 H27.12.17
 27年度 H28.01.06

 26年度 H26.11.18
 26年度 H26.12.15
 26年度 H27.01.08

定置さけ漁獲日報

 

前期
(9/1〜11/10)

中期
(11/1112/10)

後期
(12/11〜1/31)

海産親魚使用

85%未満

90%未満

95%未満

垣網短縮

65%未満

80%未満

90%未満

※計画採卵数に対する種卵確保実績で計画達成率を算出。

ふ化場
協会の紹介
事業の紹介
関係資料集
会員報告様式集
LINK
親魚蓄養事例
お知らせ
稚魚放流の時期です
地図

  〒020-0023  岩手県盛岡市内丸16-1
  TEL 019-654-8587 FAX 019-652-0165
  mail  kawa-sake@echna.ne.jp
(川崎)
    sega-sake@echna.ne.jp (瀬川)
     sato-sake@echna.ne.jp (佐藤)

社団法人 岩手県さけ・ます増殖協会

No.1 (H28.2.16発)
No.2 (H28.3.4発)

No.3 (H28.3.17発)
No.4(H28.3.30発)
No.5(H28.4.19発)
No.6 (H28.4.27発)
No.7 (H28.5.19発)

 平成27年度は震災の影響を一番受けて、近年にない回帰尾数となりました。
 河川の親魚のみでは種卵を確保できないため、定置網からの海産親魚をふ化場まで生かしたまま運んで、池で蓄養して採卵しました。
 2月から放流が始まっています。
 今年は海水温が高いため、魚病も心配されています。
 ふ化場では、くれぐれも過密飼育はさけて飼育して下さい。
 稚魚に異変を感じたら、すぐ関係機関、本会職員あて連絡をし、すばやい対応で、回帰してくる稚魚づくりをして下さい。

  (更新 H28.3.17 )

秋サケ回帰情報
捕獲採卵速報
27年度回帰予測

H27.8.4 岩手県水産技術センター予測

岩手の自然を大切にし、
山からの豊かな清水の
めぐみを受けて、
岩手の水産の代表とも言える
“秋さけ”のふ化放流を支えます。
北太平洋の恩恵を
たっぷり受けたさけは、
ふるさとの川に戻り、
岩手の漁業を支えます。

美しいみどり、
地下水と 井戸管理
美しいみどり、
美しいみどり、